google 街中グルグル

◇住所を打ち込むだけで町並みの画像がネットで見られるGoogleの人気サービス「ストリートビュー」。

同社はこのサービス向けの撮影車で、無線LANの電波を利用して位置情報を収集。別のサービスの精度向上に役立てていた。ところが、暗号で保護されていない通信本文も誤って収集していたことが判明、昨年5月に公表して謝罪した。日本を含む34カ国・地域で、収集地点で送信されたメール本文や、ID、パスワードなどの情報が含まれていた可能性があるという。

◇誰でも傍受が可能 Googleが収集していた無線LANの基地局情報は、スマートフォン(多機能携帯電話)向けの「位置情報」を使ったソフトなどにも利用されている。現在地からの道案内や紛失した端末を探すサービスなどは人気。位置を特定するのにGPSや通信各社の携帯電話用基地局情報が使われるが、それだけでは精度が保てないため、個人が使っている無線LANの情報なども併用されることがある。電波は10ー100m届くため、その範囲内では誰でも電波の受信が可能。
さらに、使っている機器の種類、通信速度、暗号化の方式などとともに、通常は通信内容も記録されてしまう。データは断片化されており、通常は暗号化されているため、そのままで意味を読み取ることはできない。

しかし、暗号化されていないデータを読める形に「復元」するツールはネット上で無料で公開されており、「無線LANに接続できるパソコンがあれば可能で、特別な装置は必要ない」という。メールの送信先、内容、閲覧しているウェブサイトなど、他人がネットで送受信している内容は、いわば、誰でも「傍受」できる状況といえる。
スマホには、3G通信、Bluetooth、WiFi(無線LAN)の通信環境がサポートされているが、百m以内の無線LAN通信も受信して位置把握に役立てる。と同時に、己の存在位置も通信事業者に筒抜けとなる。
ここで無線LAN利用者に知識があれば、PCの個人情報を解読することが可能である」ということだ。必要な情報だけを取り入れるのでなく、撮影車が取得可能な全無線LAN情報を入手・記録していたGoogle社に対し警告は発せられたが、電気通信事業法がザル法なので「得た通信内容を公開せず悪用もしていません」と開き直られると、現状ではそれ以上その企業を追求できない。

ロングテール現象とweb2.0

主にインターネットを介した通信販売において、ニッチ商品の販売額の合計が、ヒット商品の販売額の合計を上回るようになる現象
市場に出回る商品の2割(ヒット商品)が、全体の8割の売上げを稼ぎ出すという、20-80の法則に従う既存店舗販売の収益構造とは対極をなす。

続きを読む ロングテール現象とweb2.0

売れるショップ・売れないショップ

アフィリエイトをして思ったこと。

それは売れるショップと売れないショップがあること。

当たり前だがいくら広告を表示させても、実際の売り上げにつながらなければ報酬はもらえない。

A8.netではクリック報酬ではない広告をメインに利用しているのだが、ショップによって報酬率がかなり異なるため、なるべく報酬率の高いサービスの広告を出したくなるのが利用者としては当然の心理だ。

しかし、いくら報酬利率がよくても、売れなければどうしようもない。

今回気付いたのは、

 

続きを読む 売れるショップ・売れないショップ

Amazonアソシエイトのコンバージョン率

アマゾンアソシエイトを始めて3週間弱が過ぎた。いくつかのサイトで商品を紹介したが、他のアフィリエイトプログラムに比べ、コンバージョン率(購入数/クリック数)が高いように思う。

アマゾンのクッキー有効期間は24時間と、他のサービスにくらべてやや不利かと思われたが3週間の結果ではコンバージョン率が5.37%と非常に高かった。

具体的には、

 

続きを読む Amazonアソシエイトのコンバージョン率

Google Adsenceのクリック率

多くのサイトがグーグルアドセンスを利用している。そのクリック率は平均でどれくらいのものなのだろうか?

大きな広告は基本的に邪魔だと思うので、利用していない。使うのは1行だけのテキスト広告などがほとんど。

私見だが、ビッグバナーなどは多くのサイトで使われており、見るほうも見飽きているのではないだろうか
あぁ、またこの広告か、みたいに。

従ってページビューの少ない弱小サイトの広告ではより一層クリックなど望めないように思う。
ならば訪問者を不快にさせないよう、広告は小さくまとめるべきではないかと考える。



続きを読む Google Adsenceのクリック率

2/11 ニュース

派遣先会社で遠隔操作か 匿名化ソフト使用の形跡 PC遠隔操作

 遠隔操作ウイルス事件で、威力業務妨害容疑で逮捕されたIT関連会社社員、片山祐輔容疑者(30)=東京都江東区=が勤務先から派遣されていた会社のパソコン(PC)に、匿名化ソフト「Tor(トーア)」が使用された形跡があったことが11日、捜査関係者への取材で分かった。

逮捕容疑となった昨年8月の同人誌イベントでの殺害予告はトーアを使って書き込まれており、警視庁などの合同捜査本部は、片山容疑者が派遣先のPCから書き込んだとみて、家宅捜索で派遣先からPCなど11台を押収して解析を進めている。

 捜査関係者によると、殺害予告は昨年8月9日午前10時40分ごろ、トーアを使って愛知県内の会社のPCが遠隔操作されて書き込まれた。片山容疑者の派遣先のPCにも同じ時間帯にトーアが使用された形跡があり、片山容疑者も社内で勤務中だったとみられる。

 片山容疑者は「(愛知県内の)会社を知らない」と容疑を否認している。

 真犯人は犯行声明で、同人誌イベントを含む13件の犯行予告を行ったと説明。記録媒体内に残された文書では「全てトーアで書き込んだ」としていた。派遣先のPCには他にも複数回トーアが使用された形跡があり、合同捜査本部は片山容疑者が真犯人で、このPCから一連の犯行予告が書き込まれたとみている。

 勤務先のIT関連会社によると、片山容疑者は平成20年2月に入社し、取引先に派遣されてアプリの開発を担当。昨年3~9月には東京都港区のIT関連会社で勤務していた。真犯人は同6~9月、平日の昼間の時間帯を中心に犯行予告を繰り返していた。

ちらつく過信と自己顕示欲 片山容疑者、現実空間に現れて墓穴? PC遠隔操作

549154_c450

 

続きを読む 2/11 ニュース